木津川市の育児総合情報サイト きづがわ子育てinfo.

閉じる
閉じる

話題のキーワード

年齢別

子育て・お世話

ちょっとの下準備で心にゆとりを♪ 子どものトラブルに余裕のある対処法

2018.01.23

by. こづつみ

子どもが一人で離れて行ってしまったり、さわってはいけない物を さわろうとしたり、お友だちのおもちゃをとったりと...。 思わず、「あ!ダメでしょ!」と声をあげてしまうようなことも、育児中なら誰しもが経験しますよね。 そんなときに、過剰に怒ってしまい子どもを傷つけたり、悲しませたり、後で後悔してお母さんが傷ついてしまうなんてことのないよう、心にゆとりができるようなちょっとしたコツをお伝えしますね。

子どもが一人で離れて行ってしまったり、さわってはいけない物を さわろうとしたり、お友だちのおもちゃをとったりと...。

思わず、「あ!ダメでしょ!」と声をあげてしまうようなことも、育児中なら誰しもが経験しますよね。

そんなときに、過剰に怒ってしまい子どもを傷つけたり、悲しませたり、後で後悔してお母さんが傷ついてしまうなんてことのないよう、心にゆとりができるようなちょっとしたコツをお伝えしますね。

①お母さんも子どもの目線になって、まずは共感。

子どもが1歳なら1歳に。2歳なら2歳に。

お母さんも一瞬、なってみましょう。

「あ、これが欲しかったんだね。だってこれ、楽しそうだもんね。」

「あれが見たかったんだね。あんなに綺麗だもんね。」

と、第一声が変わってくると思います。

子どもの目線に合わせた世界を見られるお母さんは、子どもに大きな喜びと安心感を与え、心の成長に良い影響を与えます。

②“新しいことを初めて教える”ように、伝える

一旦気持ちを受け止めてあげたあと、それが周りのお友だちに迷惑をかけてしまうようなことや、社会的ルールに反する場合、何度も丁寧に教えてあげましょう。

このとき、まだ分からないだろうな、できないだろうなと子どもの可能性をあきらめるよりも、ちょっと難しいけど、分かってくれるかな?と、期待をもって接してあげることが、話しかけのコツです 。

「できないかな」よりも「できるかな?」

ほとんどのトラブルは子どもにとって初めての経験。

大人だって、一度経験しただけではなかなか自分で防げませんよね。

「何度言ったら分かるの!」は避けて、初めてのことを丁寧に教えるように、優しい言葉で伝えてあげましょう。

③新しい景色や、違う環境で気持ちを切り替える

②の段階で理解してくれる月齢の子、まだ気持ちの整理に時間を必要とする子、理解できたけど納得できない子、その子によって反応は様々。

そんなときにオススメなのは、

景色を変えてあげる

抱っこして違う場所へ連れていってみると、新しい景色や発見に気持ちの切り替えもしやすいもの。

環境を変えてあげてみてください 。すぐにはできなくても、しばらく手を握ったりスキンシップをしてあげると、時間はかかっても落ち着くこともあります。

その子の好きな歌、絵本

月齢を重ねるにつれて、自分の子の好きなものの特性がだんだんと分かってきます。

好きなリズムの手遊び歌や絵本、おもちゃやおやつもいいかもしれませんね。

お母さんのカバンにいくつか忍ばせておくと、「何かあっても、これがあるから大丈夫。」と心に余裕ができてきます。

「共感」「伝える」「切り替えるサポート」

この3つのポイントを思い返して、心の下準備をしてみてください 。

心の余裕が子どもにも伝わり、子どもも安心し落ち着いてくれたり、外出先でも意外とトラブルほぼ0で過ごせてしまったなんてこともあるかもしれません。

お母さんとお子さんが笑顔でいる時間が、少しでも増えますように♪

#タグ | , ,

info. writer

アバター

こづつみ

京都府木津川市在住。 元幼稚園教諭。 ただいま育児奮闘中♪

コメントを残す